大学病院の歯科

Posted on 17.3.30 By

普通歯科では難しい治療の場合大学病院の歯科へ紹介される場合があります。例えば、親知らずを抜く、麻酔が効かない、障害者治療など大学病院の歯科で治療がすすめられます。大学病院の歯科では紹介状がないと診てもらえないと思っている方も多いですが、紹介状がなくても診てもらえますが問診が長くかかりこの問診代がかかってしまいます。ほとんどの人が診察の予約患者なので初めてだとかなりの時間がかかてしまいます。普通歯科とは違い細かく専門科に分かれており、歯の事だけではなくいびきや口臭などのお口の悩みの専門科もあり診てもらえます。

普通歯科でも使用される麻酔ですがこの麻酔が効かないって方もいます。そんな方には大学病院の歯科をすすめられ治療ができたり、歯医者さんに対する不安や恐怖心が強い方も対応してくれ快適に治療が受けられるなど普通歯科では少し難しい場合などは大学病院の歯科へ診てもらい治療してもらうのも一つの選択肢です。治療費が高くなるんじゃないかと思う方もいますが、場合によりますが普通に歯を治療するのは普通歯科とはあまり変わりはありませんがその他に普通歯科では使わない治療法や機械を使うと少し高くなる事もあります。

未分類